色の層が作り出す

独特の世界 

―奈良時代の三大染色技法のひとつ ロウケツ染―

奈良には、日本で一番古いロウケツ染の作品が残っています。

 

それらは正倉院の宝物の中にあり、千年以上もの間ずっと大切にされてきました。

屏風のような美術作品に、または風呂敷などの道具にも、数多くロウケツ染で模様が描かれています。

ところが、奈良時代以降の作品は見られず、材料になった蜜蝋が輸入されていたため、遣唐使の廃止後は途絶えてしまったという説があります。

長い間、まぼろしの染色技法とも呼ばれていましたが、明治時代に研究され、再び行われるようになりました。

 

熱を加えてロウを溶かし、その熱いロウを筆に付けて、直接布に模様を描いていきます。

模様付けを終え染色すれば、ロウのついた部分には色が染み込まずにはじいて、地色でくっきりと残ります。

例えば、白地に模様を描き、赤い染料で染色すれば、赤地に白い模様が浮き上がります。

または、先に黄色い染料で染色をし、それからロウで模様を描いて青の染料で染色をすれば、模様は黄色で残り、背景は黄色と青が混ざり緑が表れます。

「ロウで描いて染色する」 この工程を何度も繰り返して色を重ね、最後にロウを揮発で取り除き、高温蒸により色を定着させ完成になります。

仕上がった布には、重なった色んな色の模様がくっきりと浮かび上がります。

他の染色技法にはない、とても深い深い画面を作り出せることができるのです。

a01-2007
a02-2008
a02-2009
a03-2009
a04-2010
a05-2010
a06-2010
a07-2011
a08-2012
a09-2012
a10-2013
a11-2013
a12-2013
a13-2014
a14-2014
a15-2014
a16-2014
a17-2015
a18-2015
a19-2016
a20-2016
a21-2016
a22-2016
a23-2016
a24-2016
a25-2016
a26-2016
a27-2016
a28-2016
a29-2017
a30-2017
a31-2017
a32-2017
a33-2017
a34-2017
a35-2017
a36-2017
a37-2017
a38-2017
a39-2017
a40-2017
a41-2017
a42-2017
a43-2017
a44-2017
a45-2017
a46-2017
a47-2017
a48-2017
a49-2017
a50-2017
a51-2017
a52-2017
a53-2017
a54-2018
a55-2018
a56-2018
a57-2018
a58-2018
a59-2018
a60-2018
a61-2018
a62-2018
a63-2018
a64-2018
a65-2018
a66-2018
a67-2018
a68-2019
a69-2019
a70-2019
a71-2019
a72-2019
1/1